テープを貼って

テープをはって練習をしました。

リーダーは
エスコートの時に場所がずれず
リードが安定してきたように見えました。

フォロアーは
リーダーからはなれて行かないように
テープを基準にするとやりやすいはず。

距離感をはかるのに
いい練習になると思います。
基本的な内容なので
繰り返して体で覚えましょう☆
スポンサーサイト

6歩・3歩・3歩

先週の6・3・3歩の練習は
「歩くように自然にベーシックを踏む」
を目的に行いました。


おかげで初心者のたけしくんはもちろん
いつものメンバーのベーシックも
スムーズになったと思います。


長く踊っていると
どうしても不自然なクセがついてしまうので
ベーシックをととのえるために
ぼちぼちこの練習を続けようと思います。

エスコート(リード)

先月の復習。

エスコートのリード。

手でひっぱったり
手で押したりするのは△。
わかりやすいけど。
力は必要ありません。

それよりも
腕全体を使って(できれば胸まで)
歩かせる。
道をあけ歩幅をとらせる。
そんなイメージです。

「手よりも腕で」
「押すよりも歩かせる」
「力で運ぶよりも道を開ける」

このリードひとつだけで
相手との一体感が出て
いつまでも踊っていたい感覚になってきます。

(最後のは個人的な感想です。。)

エスコート

エスコートの時のイメージ。

お互いの胸が
赤い糸でつながっている感じ。
または
ふたりで輪を作っている感じ。

お互いが離れすぎず。
でも近づきすぎず。

相手を感じると
最高に気持ちいい。

かぶりました

今日はうれしいことに
新人男子3人が参加!!
すばらしい。

3人ともナイスガイで
今後が楽しみです。

しかも
そのうち二人の名前が
「たけし」

かぶりました(^^


運命の赤い糸か?!

スポットターン

腕の使い方について。

手のひらだけでなく
腕全体を使って
フォロアーを運ぶイメージです。

そのための
体の使い方の練習として
左手をフォロアーに添える。

すると
力が分散されると思います。

スローハンド

スローハンドについて。

第一に
肩を支点に
半円を描いて
上まで腕を上げる。
(腕が耳の横にくるまで)

第二に
体に近い部分から降ろす。
二の腕、前腕、手の順番で。

おおらかに上がると
リーダー的には
テンションがあがりますー☆

常に片足立ち

フォロアーについて。

ベーシックのすべてのステップで
いつでも片足で立てるように。

そのために
ヒザをあげて
真下に踏み込む。

たまごくらすでは
常に意識してステップしましょう。

できるようになると
気持ちよさ&楽しさが
バージョンアップしまっす☆

おたんじょうび

今日はお誕生日の人がいたので
バースデーサルサをしました♪

育ってきたリーダーたちが
めくるめく入れ替わりリード。

スムーズでおもしろかったです。

快気祝いも兼ねて。